May
22
3:30 pm15:30

5/22 無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)研修体験セミナー開催報告

皆さん、おはようございます。

昨日は都内で『 無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)研修体験セミナー 』を開催しました。ダイバーシティを推進していく上で、欠かすことができないキーワードとして最近日本の企業でも大変注目されております。

もともとグーグルなど外資系企業がダイバーシティを推進していく上で大きな阻害要因になっていることが多くの研究結果からわかり、全社員に対して外資企業を中心に取り組み始めております。

日本の企業においてもそうした取り組みに関する情報が話題となり、ここにきて大手企業を中心に関心を持つ企業が増えております。

パクさんは、以前からこのテーマに注目し、セミナー・研修のプログラムを準備しておりました。

内容は、人は誰しもが何らかの形で、人や物に対して意識的・無意識的な偏見を持っています。まずはそのことを自らが認識するための簡単なワークを行い、さらに海外の事例をベースに、それが組織にどう影響するのか。海外での研究結果など最新の情報についてデータをもとにお話しもらい、最後は対応策のヒントをお話した上で、各自より質問をしてもらいました。

参加者の方からは下記のような声を頂きました。

大手教育企業 人事担当 A様

「アンコンシャス・バイアス」をまず認識・認知すること。そして「アンコンシャス・バイアス」は克服できるものだというがわかりました。科学的な根拠、実験データからの実証例が納得性が高かった。自社の商品の中に「アンコンシャス・バイアス」の視点・概念を加味してまいります。

大手保険会社 人事担当 B様

大変貴重な機会をありがとうございました。たくさんの事例を交えてご説明を頂き、良く理解できました。自分自身のバイアスにも気づくことができました。まずはアンコンシャス・バイアスを理解すること、そして具体的にどう行動に結びつけていくか考えたいと思います。

May
18
7:00 pm19:00

5/18 元刑事が教えるビジネスに使えるウソの見抜き方講座実施報告

皆さん、おはようございます。

今週木曜日に、千葉で、「元刑事が教えるビジネスに使えるウソの見抜き方講座」を開催しました。講師は元刑事で、株式会社クリアウッドの森透匡さんです。

森さんは、詐欺や横領など知能犯を対象にした捜査に長く従事され、その時の経験を体系的にまとめ、そのスキルを生活やビジネスにも応用できるように企業研修や講演など、年間で170講演以上全国を飛び回って行っております。

内容は、人は言葉よりも、言葉にあらわれない無意識の動作や表情の中に本意があらわれます。そこをいかに見抜くことができるのか。もちろん、不正を働く社員や詐欺などにあわないという側面もありますが、非言語コミュニケーションによって相手の本意を知り、それに適した対応を行うという意味で、営業や商談、さらに管理職であれば部下とのコミュニケーションを円滑に進めることができるようになります。

そのためにどういった動作・行動に相手の本意があらわれるのか。そうしたサインが出た時に、いかに質問をぶつけていくかなど、実際に動画をみながら、そのサインを見抜く練習をしたり、ケーススタディのような形で、具体的な場面において相手の本音を見抜く方の質問を選んだりするのをグループで話し合うなど、皆様に楽しんで受講して頂くことができたと思います。

私自身、森さんの講座を何回か受講しておりますが、相手の無意識に行う行動などに最近は何か感じることがあり、そうした時にどう自分が行動するかを意識しています。それは相手が興味を持ってくれているのか。もしかしたらこちらの話に飽きているのかもしれません。そうしたサインを見逃さないことが大切です。

森さんの講座を受けた人が非言語に出るサインをお互いに理解しあうことができれば、日本人が本来得意とする以心伝心でより円滑なコミュニケーションができるようになると思います。ネットが普及し、つい目の前の人と話す事さえおっくうになってしまう時代だからこそ、言葉にあらわれない言葉を読むことができるとスキルが必要なのかもしれません。次回6/14(水)の夜に都内でも開催します。もしご興味がございましたら、下記に詳細情報がございますので、ぜひともご参加頂ければと思います。http://www.entrelabo.co.jp/news/2017/4/10/82e0e5d1bskvtm8xs682t0jxlrxddc

May
17
7:00 pm19:00

5/17 ビジョン経営セミナー開催報告

今週水曜日、5/17の夜に「ビジョン経営セミナー」を開催しました。セミナーは、前半はビジョン経営について、「グーグルを超えると言ってくれ」の著者で、ビジョンをもとに企業変革のサポートを行っている羽谷朋晃氏に、ビジョンの定義から、なぜいまビジョン経営が必要なのかについて、社会動向の大きな変化をベースにとてもわかりやすい説明がなされました。

さらに多くの経営者がビジョンと経営理念を混在させ、さらにビジョンを描くだけで経営はよくなる。そういう勘違いに対して、いかにビジョンと行動を一致させ、ビジョンと行動から、それを継続させていくための組織作りを行うことが重要かなど、ビジョンを描き、それをもとにビジョン経営を正しく進めていくやり方をお話して頂きました。

後半は、羽谷さんのサポートのもとで、ビジョン経営を導入し、会社の業績はもちろん、社員の離職率・定着率に劇的な成果をもたらすことに成功した、山崎文栄堂の若狭常務に、自社でのビジョン経営の取組みについて、導入した背景から、具体的な取組み、さらにはその成果をお話して頂きました。

最後は私がモデレーターとして参加。会場から質問を頂きながら、もう少し深く突っ込んだ質問を頂きながら、講師と参加者も含めて皆さんで議論を進めさせて頂きました。

ビジョンは、経営に限らず、個人においても必要であり、ビジネスにおいてもプライベートな活動においてもその起点になることは間違いないと思います。

ビジョンがあり、それに基づき行動することを意識していれば、自然と社員の行動もかわるため、成果もかわると思います。個人においては意識が変わるため、行動も変わる。だから人生にも良い影響・変化をもたらしてくれると思います。

次回は7/12(水)の夜にビジョン経営セミナーをまた行います。セミナー後にビジョナリークラブも開催し、ビジョンを描き実践していく意志のある経営者同志が集う場になればと思います。

May
15
10:00 am10:00

5/15 実践型ビジネスマナー講座開催報告

皆さん、おはようございます。

今週月曜日に実践型ビジネスマナー講座を開催。朝から夕方までの1日講座にも関わらず、あっという間の6時間だったと思います。

内容は、最初にビジネスマナーカードを使ったセルフマナーチェックで自分自身のマナーチェックを行い、現状認識と気付きを得てもらいます。その上で、講師によるビジネスマナーに挨拶はもちろん、名刺交換からお茶だしまでロールプレイングを含めてしっかりと行いました。

篠原あかね先生のビジネスマナー講座は、研修はエンターテイメントという言葉のとおり、とても楽しんでいただきながら、かつ受講者自身が強化したいというポイントをしっかりと取り入れながら、しっかりをマナーを身につけてもらう点にあります。

一般的に行われているマナー講座と違い、決して一方通行ではなく、聞いてて眠くなるような講座ではありません。受講者自身が主役となり、主体的にマナーを学べる点に大きな特徴があります。

おしてなによりもマナーカードもそうですが、講師の篠原さんのキャラクターとトークで、受講者のハートをしっかりと掴むところにあります。まあに一流のエンターテイナーです。

受講者の感想にも、午後の一番危険な時間帯に一切眠くなるようなことはなく、楽しんで受講できたとのコメントがあり、まさに寝ている閑もないぐらいのトークと学びで、受講者を魅了されていました。

最後はもう一度ビジネスマナーカードを使い、自らが強化したいポイントを3つ絞り。それをベースにどう自分が行動していくのかを発表してもらいました。そこには企業幹部も同席。新入社員の発表を聞いて、喜んでいる様子。

ぜひ今回学んでいただいたことを日々の活動の中で実践しながら自分のものにし、少しでも早く会社の中核を担う人財に育ってくれることを願っております。

May
12
9:30 am09:30

5/12 スポーツ心理学を活用した勝てる組織と人作り研修実施報告

皆さん、こんにちは。

昨日、とある企業様の管理職20名に対して、スポーツ心理学を活用した勝てる組織と人作り研修を実施しました。朝9時30分から夕方の4時30分までびっちりと行いました。

企業様の課題として、既存の事業で収益を上げているうちに、次の収益となる事業を立ち上げてゆきたい。そのために、管理職の皆さんがリーダーとして組織に変革を起こしてひっぱっていってほしい。その際に、スキルも大切があるが、それ以上に皆さん自身にあるマインドをいかに変えるか。その時にご紹介したので、布施さんのスポーツ心理学です。

布施さんは、ご自身もスポーツマンとして結果を残し、さらにビジネスにおいても成果を出してきましたが、米国でオリンピックの金メダルチームを指導している方から直接指導を受けて、組織を作るための理論を学び、それを応用して日本において企業研修やコンサルティングをはじめ、大学や実業団などを勝てるチームにするためのコーチンを行い、全国大会で優勝するようなチームを毎年創出しています。

今回は7月までの3回シリーズで、その第1回目の研修になります。

スポーツチームや選手の言葉、実際の組織作りの実例はもちろん、心理学や経営上の理論をベースに、いかに勝てるチームが行っていることをビジネスに応用することができるかをトレーニングの中で行っていきます。

今回もいくつかの課題やワークを、個人だけでなく、グループや全体で議論やワークをしながら、自社における目標や課題解決のヒント。リーダーとしての役割は何かを真剣に考え、話し合いをしてもらいました。最終的なゴールイメージは、リーダーとしての役割を自ら見出し、ここにいるメンバーで実践的なプロジェクトを通じて新規事業などをおこない、そのリーダーとしての役割を体現することです。

社長をはじめ、役員もオブザーブに参加。とても興味深く、3回目までにどんな結果がでるのか楽しみな様子です。次回までにたくさんの課題もあり、研修というよりも、行動と組織を変えるための実践プログラムに近いように思います。

次回までにどんな変化が生まれ、また2回目の研修でどんな化学反応が起きるのか今からワクワクします。

Apr
27
9:00 am09:00

4/27 仕事力が上がる!かたづけ研修実施報告

本日は、とある企業の社員様30名向けに、仕事力が上がる!かたづけ研修を実施しました。

今回は企業様の6月の引越しに合わせて社内のかたづけを推進し、新しい職場をきれいな環境で維持できるように意識変革を行うと同時に、働き方改革の流れで仕事の効率化を図るためのコトのかたづけを行いました。

小松さんとしても、あまりない黒板を用いた講義は何かいつもと違う雰囲気の中で行われました。参加者の方々にも、楽しんでいただきながら受講して頂くことができたと思います。

特に今回は、モノの実施計画を具体的にその場で作成していただきましたので、いつものかたづけ宣言だけでない、さらに踏み込んだ内容で研修ができたと思います。

ぜひフォローアップ研修を含めて、継続的なご提案もしてゆきたいと思います。

Apr
25
7:00 pm19:00

4/25 ソーシャルリクルーティング実践講座開催報告

皆さん、おはようございます。

昨日は都内でソーシャルリクルーティング実践講座を開催しました。講師には、株式会社ソーシャルメディアマーケティング・代表取締役の菅野弘達様をお招きして、ソーシャルリクルーティングの基本である、SNSの現状から、採用などへの活用状況など、具体的な企業の事例なども通して、成功のポイントなど、とてもわかりやすくお話を頂きました。

Facebookなど使えているようでつかえていない現状。真に使いこなしている人材を通じて、さらに良質な人材とのご縁ができる最適なツールであることもよくわかりました。昨今、なかなか新卒採用について、コストをかけるがなかなか成果が出ない。そんなことをなげく前に、SNSの活用など、まだまだできることがあるように思います。

ソーシャルリクルーティングは、採用だけでなく、自社のブランド・ファン作りなど、長期的に事業の基盤を強化するための戦略的な取り組みだと思います。

これからの時代にあった採用活動をたくさん学ぶことができました。これからの潮流として、今後も菅野さんと組んで、企業の採用活動の支援の1つとしてセミナーを開催してゆきたいと考えております。

Apr
4
7:00 pm19:00

経営者向け!仕事力が上がるかたづけ講座 開催報告

今週月曜日に千葉にある経営者の勉強会にて、かたづけ講座をさせて頂きました。

今回は30名近い人数の経営者の方の前で2時間お話を頂きました。

かたづけに関する基本的な考え方から、モノのかたづけについてお話を頂いた後、コトのかたづけについて講義とワークを行うことができました。経営者の皆さんも、熱心に小松さんの話をお聞き頂き、メモを取っておりました。

日頃からかたづけを意識している方も多く、コトにおいても緊急でないけど、重要なタスクをやる予定になっていたのも経営者らしいと思いました。

今回はこのようなセミナーでははじめて、様々なかたづけサービスについてアンケートを実施したところ、研修やコンサルティングなど、ご興味を持ってくれた経営者が数名おり、これからフォローしていく中で、なにか1つでもカタチになれば良いと考えております。

以下参加者の声です。

1.女性経営者Aさん

頭のコトを出すシートがとってもよかったです。頭の中がとても整理することができました。

2.企業役員Bさん

自分としては普段からかたづけを習慣にしているのが他の人に対して「なぜ」「何のために」という説明が上手くできなかった。これが出来るようになる気がします。私だけでなく、他の社員にも実践させたい。

3.経営者Cさん

習慣化して無意識にできるようになることがゴール。片づけができないひとはその能力がないだけでなく選択力がないこと。もともと自分が考えていたこと、ほぼ同じ手法だったがプロに説明して頂いて自信が確信になりました。これで堂々と社員にかたづけと言えます。

Mar
23
7:00 pm19:00

3/23 中小企業のためのメディアを活用したブランド力アップセミナー開催報告

皆さん、こんにちは。

昨日は千葉にて、「中小企業のためのメディアを活用したブランド力アップセミナー」を開催しました。

講師には、千葉テレビの現役プロデューサーの大林健太郎さんにお願いしました。

内容は、TVに関する基本的なお話から、PRとはどういうことか?さらにメディアに取り上げられるためにはどうすべきか。その考え方を通じて、キャッチコピーや自社や自社の商品・サービスをどう見せるべきかなど、会社としていかにブランド力を高めることが売上にも通ずるのかをわかりやすく、そして熱意を持ってお話をしていただきました。

参加者の方々からは、とても勉強になったとか、大林さんにパワーをもらったなど、大変良い評価を頂くことができました。

私も、今回で大林さんの講座をお聞きするのは4回目になりますが、毎回わかりやすくて聞くたびに勉強になります。また機会があれば、お膝元の千葉で講演をしてもらおうと思います。

以下、参加者の声です。

①会計事務所・役員Aさん

お客様に千葉テレビを紹介して活用してもらいたいと思った。商品が聞けてよかったです。

②飲食店経営 Bさん

言い過ぎるという意志が大切!ストーリーを作る。色々とやらなければと気だけが焦る日々ですが、少し楽になりました。メディア進出にはまだ早いですが、言い続けることの大切さがわかりました。

Mar
17
11:00 am11:00

3/17 サバゲー研修実施報告

昨日は2つの企業の内定者向けにサバゲー研修を実施しました。サバゲーとは、サバイバルゲームの略で、今回は屋内の施設にあるフィールドで行いました。

単にサバゲーを行い、チームで対戦するのでは研修になりません。今回は企業別にチームを編成し、4つのパターンでゲームを行い、毎ゲーム毎に作戦・実践・振り返りを行い、その中でチームとして実行・機能していたものは何か。改善すべきポイントは何かをきちんと時間を取って話をして頂きました。

もちろん、サバイバルゲーム自体は危険なスポーツなので実践に入る前に30分ほどの安全管理説明や銃の使い方などの安全講習を実施。最大限に安全に配慮していたこともあり、一人もけが人を出さずに行うことができました。

それぞれがチームで共通の目標にとりくむことを体感し、さらにサバイバルゲームの中で、日頃気づいていないもしくはわかっていることが行動として出てくる点も面白く、自分以外のチームメンバーにもその点がわかるというのもサバゲー研修の特徴かもしれません。

ゲーム後、場所をかえて、1日を通じてのチームとしての学びや気づきなどを行い、その上で自分が今回の研修の中で気づいた良さや改善すべき点、さらに他のチームメンバーからもフィードバックをもらいました。

最後は今回の結果をどう4月以降、社会人になるために活かしていくのか。一人ひとりの宣言をしてもらいましたが、皆さん自己理解を含めて良い発表をしてもらうことができたと思います。

今回は弊社だけでなく、㈱あなたの幸せが私の幸せ様にも企画・運営に協力をいただき、コラボで作ったオリジナル研修です。まだまだ改善点もありますが、また機会があれば提案もしてゆこうと思います。

Mar
10
1:00 pm13:00

3/10 ダイナミズム研修実施報告

皆さん、おはようございます。

本日は3/10にある企業様の管理職向けに実施したダイナミズム研修の実施報告。こちらの企業では、今回で4回目の実施。ダイナミズム研修はメンバーも違えば、市場・街も変わるため、お互いに行われるビジネスも変わる。まさにその場で、ライブで生きたビジネスを体感できるのがユニークなところですが、なかなか街が活性化しないこともあったり、一人の動き方が1つのきっかけになり、一気に街の様相がかわることもあります。

今回は、比較的コミュニケーションは活発に行われている判明、リアルなビジネスになると取引が進まず、かなり慎重にいく人と、先を見通せずに苦闘している人にわかれたように思います。

日頃の仕事の進め方やスタンス、行動特性が出るのが、ダイナミズムの特徴ではありますが、今回もそれが出たように思います。

最終的にはおのおので様々な気づきを得てもらいながら、どう日々の業務に活かしていくことができるのか。時間をかけて一人ひとり振り返りを行い、発表してもらいました。

人が変わることはそう簡単ではないですが、何か1つでも気づき、学びを持ち帰って行動に変化をもたらす一歩を踏み出してくれたらと思います。

Mar
2
7:00 pm19:00

3/2 ビジネスマナーカード体験講座 開催報告

皆さん、こんにちは。

本日は今週木曜日(3/2)の夜に開催した、ビジネスマナーカードの体験セミナーの開催報告をしたいと思います。講師はスマートコミュニケーションズ株式会社・代表の篠原あかねさんです。篠原さんは、プロのマナー講座の講師でもあり、マナーカードについてもインストラクターの養成講座も行っているプロ中のプロの講師です。

今回の講座では、ビジネスマナーカードの概要から体験、さらには採用や研修などでどのように活用して頂くかを体感して頂くためのセミナーです。

まずは参加者の方に、ビジネスマナーカードを使い、自分のマナー力をチェック。相互に結果をシェアして頂きました。さらに自社において、どのようなマナー項目を重視しているのか。その理由を考えて頂き、その上位5つについて周りの方とシェアして頂きました。

その後、具体的に採用や研修の中で、どのようにマナーカードを使っているのかについてご説明をさせて頂きました。私自身も、そういう視点で採用に使っているのかというのがとても勉強になりました。

また研修においても新卒だけでなく、若手やベテランなど、幅広い階層にも活用できることを知りました。

今回はロールプレイングなどはしませんでしたが、篠原さんの講座のフル版をぜひ受講してみたい。そんな事を感じるぐらい、かたいマナー講座ではなく、受講者も楽しみながら、深い気づきを得て、自分の中で変えなくてはと自然と感じることができる講座になるのだということを確信することができました。

Feb
28
1:00 pm13:00

2/28 ダイナミズム研修実施報告

皆さん、おはようございます。

一昨日に、ある企業で3回目のダイナミズム研修を実施しました。メンバーも変われば、当然選択される業種もかわるし、一人ひとり経営スタイルもかわる。そのため、毎回が新しい出会いであり、今回も前回とは違い、最初から活発な取引がされました。

私自身の関わり合い方も前回とはかえて、少しメンバーへのアドバイスに対して踏み込んでディレクションを行いました。その結果、当初から皆さんがゲームの中で何をしなくてはいけないのが明確になり、行動はしやすかったようです。

もちろん、やらなくてはならないことがわかりながら、要領よく、それをこなすひともいれば、なかなか現状を抜け出せない人がいる。それがまさにダイナミズムの面白いところでもあります。

それぞれの参加者の行動特性がもろにゲームにでる。もっといえば、その人がこれまで歩んできた人生の縮図が、そこにははっきりとあらわれてきます。それは周りにみている以上に、本人が一番痛感しているように思います。

今回も5期までゲームを行い、都度ゲーム後に振り返りをしながら、最後に今回の経験をどう日頃の業務におきかえることができるのかを時間をかけてじっくりと考えて、皆さんの前で宣言し、終了してもらいました。

研修後に、職場内で報告書を提出して、どう行動変容が起きたのかを見ていく予定です。

ダイナミズムで感じたことは、深く自分のコアにささる。それは・・・・〇〇が一番自分に問いかけてくれる講師だからです。そのヒントはぜひ機会があれば、ダイナミズムを体験ください。きっとその答えがわかるはずです。その講師はどんなに優秀な講師よりも、あなたに深くささるアドバイスをくれるはずです。

Feb
24
1:00 pm13:00

2/24 ダイナミズム研修実施報告

本日はとある企業の店長代理向け17名に、ダイナミズム研修を実施してきました。

ファシリテーター役は、私の方で担当させて頂きました。実は先月に続き、今回で2回目の経験となります。今年に入り、急にダイナミズムの研修を行う機会が増えております。

ダイナミズムは、5つの業種の経営になり、収穫・仕入や生産・販売、決算までの流れを1年単位として、研修では5期までを行いました。

ゲームは収益を上げるだけでなく、いかにして雇用や周りのプレイヤーから支持を集めることができるかが優勝の条件になります。

毎期ごとに、様々な気づきや、翌期に向けてのアクションプランを各自で考えながら、経営とは何かを体感的に学んで頂くゲームとなっております。

日頃の行動特性や、ビジネスは動かなくてははじまらない、パートナー・クライアントを含めて、お互いにWin-Winの関係を構築しながら、ビジネスに必要なコミュニケーションや交渉、バランス感覚などを磨いていくゲームです。

最後に全体を通しての振り返りと、会社の業務にどう生かしていくかなどを一人ひとり発表して頂いて研修は終了となりました。会社としては後日報告書と、具体的なアクションをウォッチしていくそうです。

Feb
22
2:00 pm14:00

2/22 スポーツ心理学に学ぶ、勝てる組織と人作り in 東京 実施報告

とある企業の管理職向けに、前日の関西に続いて、東京でも実施したスポーツ心理学の研修です。

前日の関西の研修と内容は同じでしたが、受講者の人数が2倍近くいたこともあり、同じ研修ながら、反応や進め方が違って、また色々と学び多い研修となりました。今回東京での研修は、月内に3回実施して、受講しきれない人は秋頃に、再度実施予定です。

内容は、前日と同様に頼れる自分の力や集中力、リーダーとして学びを、スポーツ選手やチームの言葉や実例をベースに学んで頂きました。

一方的な講義ではなく、むしろ参加者が主体となって議論を進めていただきました。個人やグループ単位でのワークあもちろん、全体共有もいくつか行いながら、参加者にはあっという間の3時間になったのではないかと思います。

Feb
21
10:00 am10:00

2/21 スポーツ心理学に学ぶ、勝てる組織と人作り研修 in 関西 実施報告

先週火曜日に、とある企業の管理職向けに、「スポーツ心理学に学ぶ、勝てる組織と人作り研修」を実施しました。今回は、関西エリアにおける管理職研修のため、前泊して研修に立会いさせて頂きました。

講師は、スポーツ心理学を専門に、企業の役員・管理職向けに組織や人作りを教えたり、実業団・大学などのチームを全国大会で優勝に導いてきた布施努さんです。

東京の人事役員から、関西は面白いし、様々なことができる要素はある。しかし最近少し元気がないという話をお聞きしておりましたが、研修のはじめこそおとなしい感じがしましたが、講師のファシリテートのうまさもあり、開始してすぐに場の中で活発な意見交換がされました。

スポーツ選手やチームに学ぶ、自分の頼れる力とは何か。そして当たり前のように使っている集中力とは何か。ある一流選手のインタビューをベースに、リーダーとはどうあるべきか。現状の組織の課題とあるべき姿、その理想を実現するためにリーダーとしてなすべき事は何かをグループ・個人として考えてもらいました。

30名弱ということで、グループだけでなく、全体共有もしやすい人数だったので、各グループの意見もひろいながら、3時間という短い時間の中で最大限に皆さんに集中してもらいながら取り組んでいただきました。アンケートも満足度も高く、管理職以外の方に受講させたいという意見が100%近くになり、今後組織全体にも広がっていくことを期待しています。

Feb
17
2:30 pm14:30

2/17 仕事力が上がる!かたづけ講演会実施報告

皆さん、おはようございます。

先週金曜日はある企業様のクライアント向けのイベントにて、スッキリ・ラボの小松さんに「仕事力が上がる!かたづけ講演会」を行っていただきました。

今回は、かたづけに対する基本的な考え方から、モノのかたづけ方についてと、最後にかたづけ宣言を行うところまでを90分間で行いました。

参加者はある企業様のクライアントおよび社員様に対して行いましたが、講演がわかりやすいとか、具体的に社内でも共有します!など、前向きな声をたくさん頂くことができました。

ある企業様では、オフィス向けの文房具をはじめて、オフィス環境を整えるためのサービスを提供しており、まさにテーマ的にも相性は抜群かと思います。

今後も定期的にこのようなイベントを開催できるように、先方にも提案をしてゆきたいと思います。

Feb
16
7:00 pm19:00

2/16 中小企業のための商標権活用セミナー開催報告

皆さん、おはようございます。

昨日は千葉のトーク税理士法人様と共催で、「中小企業のための商標権活用セミナー」を開催しました。

講師は植村国際特許事務所・代表で、弁理士の植村貴昭先生です。植村先生には、これまで都内では何回は商標活用セミナーを開催しておりますが、千葉で初開催となりました。今回は過去一番の参加人数となり、昨今PPAPの話題もあってか、皆さん興味津々でお聞き頂きました。

講義は商標権の基本的なことから、経営上でどうビジネスに活用していくことができるのか。反対にどんな経営リスクがあり、どう対処しておくべきなのか。単なる商標権に関する知識や法的な話ではなく、もう少し経営にまで踏み込んだお話をして頂きました。

講座の内容もさることながら、やはり植村さんのまじめで、熱心な人柄が、参加者にも伝わったみたいで、皆さんの満足度も高く、参加された経営者の方も何名か、後日ご相談しますといって帰ってゆかれたので、植村さんのビジネスにも少しでもつながれば良いと考えております。

Feb
14
1:00 pm13:00

2/14 ダイバーシティマネジメント研修実施報告

今週火曜日に、とある企業の役員・管理職様、約30名に対してダイバーシティ研修を実施しました。

これまで数多くの企業研修を行ってきましたが、社長を筆頭に副社長・取締役全員が、他の管理職と混合で研修に参加したケースははじめてです。業績も好調みたいで、あらためて良い会社とご縁を頂くことができたと思いました。これも顧問の会計士の太田さんのおかげです。

それで研修の内容は、昨年あたりから注目をされている「ダイバーシティマネジメント」について、基本的な考え方から、ダイバーシティに対する本質的な考え方やとらえ方を学んだ頂くことが、先方のトップにもそれが冒頭からの衝撃だったようです。

講義とグループワーク・全体共有を行い、それぞれがダイバーシティに対する多様な視点を受容しながら理解を深めていただくことができたと思います。決して他人事ではなく、自分たちも海外にいったり、コミュニティによってはマイノリティになりうることも理解してもらうことができたと思います。

最後に、これから日本でも間違いなく注目される無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)についても理解と気づきを体験して頂くことができたと思います。

先方の役員の方々にも、もっと長い時間でやりたかったとのお話も頂いたり、アンケート結果もとても良く、管理職以外も受講させるべきという意見もでており、継続的な実施につなげていくことができればと思います。

Feb
9
1:00 pm13:00

2/9 伝説のプロギャンブラーが語る勝ちグセの付け方セミナー開催報告

皆さん、おはようございます。先週木曜日の13時より、

とある企業様の社

内にて、「伝説のプロギャンブラーが語る勝ちグセの付け方」セミナーを開催しました。講師はもちろん、カジノで神の領域とされる勝率9割をだし、数多くのカジノで出入り禁止になったプロギャンブラー・のぶきさんです。これまで数え切れないほどの講演をされているのぶきさんの中でも、トップクラスに入ると言わしめたほど、参加者の方のメモ率が高かったそうです。

参加人数は決して多くはありませんでしたが、その参加者の熱意は数十名の人数に匹敵するほどで、思わず、のぶきさんが2時間の講演を、参加者の合意も得て、1時間延長したほどです。おそらく私のほうでとめなければ、そのまま1時間は質疑応答が続いていたように思うほどです。

内容は、のぶきさんの紹介から、メモ術や格言など、のぶきさん自体の生き方や言葉の中に、私たちのビジネスや人生にもとても多くのヒントをもらえるように話をお伺いすることができました。

ギャンブルなのに、運に左右されない選択や勝負にかけるまでの準備で結果がかわること。これらは全てビジネスにも通用する話ばかりでした。

参加された方々も話を聞いてすぐに実践したいとか、またもう少し長い時間でのぶきさんのお話をお伺いしたいなどのリクエストも頂きました。

また弊社でも、のぶきさんのお話を多くの方々にお届けできるようにセミナーや講演などを企画してゆきたいと思います。

Feb
3
7:00 pm19:00

2/3 働き方改革で残業ゼロ!仕事力が上がるかたづけ体験講座開催報告

2/3(金)都内で、「働き方改革で残業ゼロ!仕事力が上がるかたづけ体験講座」を開催しました。

今回は、複数企業の経営者・社員から、個人事業主や専門家に多数ご参加頂きました。名古屋や新潟、遠くは北海道からセミナーに駆けつけて頂き、あらためて小松さんの人気には驚かされます。

内容は、前半の90分が、モノのかたづけを通じて、かたづけに関する基本的な概念、考え方を、クイズや事例を交えながら平易な言葉でお話を頂きました。自分なりの言葉ではありますが、それをこれだけ平易に、相手にわかりやすく伝えられるまでには、相当な場数と経験、何よりも小松さんのかたづけに対する思いなしにはできないことだと思います。

後半は、コトのかたづけ。頭の中にあるコトをだし、それをいくつかの視点で出しながら、ある基準で分類。今回は気付きを得て頂くところまで体験。最後に明日からの行動計画を見直さんに練ってもらい、一人ひとり宣言をして頂きました!

最近は働き方改革の流れ、職場環境はもちろん、仕事自体も見直ししたいという企業も多く、小松さんの研修も引き合いをたくさんいただいております。

2時間参加者の方々には楽しんで頂きながら、すぐに役立つ内容をお伝えできたと思います。すでにかたづけを実施して、Facebookに感想などをアップした方もおり、翌日、早い人は当日から実践している人が出て、講座後の実践度の高さもこの講座の特徴です。次回は6月2日(金)の夜に開催予定なので、ご興味がございましたら、ぜひともご参加ください。

Jan
20
1:00 pm13:00

1/20 ダイナミズム研修開催報告

皆さん、こんにちは。

1/20(金)の午後1時より、夕方6時までの5時間にわたり、ある企業の管理職向けにダイナミズム研修を開催しました。参加人数も、ダイナミズムで過去最高の30名近くになりました。

私も、ダイナミズムでセミナー・研修を通じてはじめての体験でしたが、なんとか無事にやりきることができました。

やはり30名近くなると、各業種における競合他社も増えることもあり、様々な面での競争や協力関係が構築されました。また同じ業者内での情報共有や協力関係を構築したチームもあって、まさに現実に近い経済活動がここにはあったように思います。

やはり店舗などを経営している管理職ということもあり、ルールやポイントを早めにキャッチしてビジネスで利益をあげる人もいましたが、全体的に後半にかけこみで雇用や設備投資が行われていたので、もう少し早い段階でその辺を意識して動いてもらえるようにファシリテートできればと思いました。

最後のフィードバックのコメントも、個人的にはなかなか深く、手ごたえを感じることができました。ただ30名とのやりとりを二人でしたのですが、後半は特にさべけないぐらいに人がきてしまったので、やはり30名だともう一人ぐらいサポーターがいたほうが、もう一人が市場全体のプレイヤーのアドバイスやサポートにまわれるということと感じました。

今回の経験を今後に活かしていきたいと思います。

Dec
8
3:00 pm15:00

12/8 自分を上手に伝えるためのプロフィール作成セミナー開催報告

今週木曜日に、トーク税理士法人様と共催で、「自分を上手に伝えるためのプロフィール作成セミナー」を開催しました。なないろ★プロデュースとして、千葉初上陸だったのではないかと思います。

今回はトーク税理士法人の社員様と、その顧客・一般の方々にご参加頂きました。

前半は長谷川なみさんが、プロフィールの重要性から、その事例をご紹介して、いかに営業や商談を進めていく上で相手に印象を与える事ができるか。特に仕事以外の「人」にフォーカスを与える事で、より相手に印象に残すお話をして頂きました。

後半はすぎもとかおるさんを講師に、実際に皆さんにプロフィールを作成して頂きました。相手と自分から見た色の印象から、自分をあらわずキーワード、座右の銘など、そして最後はキャッチコピーを考えるところまで、本来は3時間以上かけて行うところを2時間という短い時間の中で行いましたが、その中でできるだけのところを考えて頂いたように思います。

1.参加者Aさん

自分の売り文句ができると、それにむかってはりがでるのかなと思いました。はりがでると仕事のまわり方も効率もUPしてゆくのかなと思いました。

2.参加者Bさん

セルフキャッチコピーができたので、それを目標に頑張ることができそうです。忙しい日々を過ごしていると忘れがちですが、改めて見つめ直すことができてよかったです。

3.参加者Cさん

人の印象を色で表わすことが面白いと思いました。また人によって同じ色でも考えていることが違うというものよかったので、今後お客さんとの会話でも使ってゆきたいと思います。

Dec
7
7:00 pm19:00

12/7 第13回習慣化セミナー開催報告

先週水曜日に、年内最後の習慣化セミナーを開催しました。今回で13回目の開催となります。

講師の遠藤先生の業務提携契約徹底活用セミナーの41回には遠く及びませんが、なんだかんだと継続して申す少しで3年になります。

このセミナーを企画しているものとして、習慣化して継続することの大切さを日々痛感しております。

今回は、遠くは京都からの参加者もいたり、遠藤先生のメルマガ、別の企業の方や過去の参加者の方など、年末の忙しい中に参加してくれること自体がとてもありがたいことです。

内容は、遠藤先生の実体験に基づく習慣化のための7つのルールをお話していただきました。ご自身で体験していることなので、とても説得力も、具体性もあり、毎回遠藤先生のパートはわかりやすいと高い評価を頂いております。

前半は遠藤先生による講義で、後半をその話を自分ごとにおきかえてもらい、自分の行動・生活における習慣化のヒントをさぐり、最終的には習慣化で行動することを発表していただきます。

いい話を聞いたで終わらせないところが、このセミナーのいい所です。セミナーに4名参加して、うちFacebookをしていない1名をのぞき、全員がセミナー後も毎日継続をしています。

このセミナーに参加された方限定のグループも立ちあげ、そちらでメンバーとやりとりしながらフォローさせて頂いております。この仕組みで多くの方々の習慣化に成功してきました。

ご興味のある方は次回ご案内させて頂きますので、nakatsu@entrelabao.co.jp までご連絡ください。

Dec
6
10:00 am10:00

12/6 ダイバーシティ・マネジメント研修実施報告

昨日はとある企業の部長級の方々向けに、「ダイバーシティ・マネジメント研修」を実施しました。

こちらの企業で、この階層にダイバーシティ・マネジメント研修を実施するのは2回目です。前回とはメンバーもかわり、また前回とは違って雰囲気の中で進行しました。

特にダイバーシティという言葉は理解しているものの、その本質的な意味や、それがどうビジネスにつながっていくのか。もっといえば、トップ階層としてつなげていくのか、そのヒントになるような研修になったと思います。

講師はダイバーシティやテレワークの専門家でもある、パクさんです。今回もデータと事例に基づく話はとてもわかりやすく一方的な話にならないように、受講者同士のグループワークも取り入れながら進めていただきました。

特に無為意識の中にある偏見のところは、気づきも多かったようで、他のトップ層にも受けてほしいなどという意見もでておりました。

最後はどう部署に持ち帰っていかしていくのかを考え、宣言してもらい、研修後に具体的な行動に結び付けていく形でおえることができたと思います。

Dec
5
10:00 am10:00

12/5 スポーツ心理学に学ぶ、勝てる組織と人材作り

昨日は、とある企業の部長級クラスの方々に対して1日研修を実施しました。テーマは。「スポーツ心理学に学ぶ、勝てる組織と人作り」です。

米国ではすでにリーダー人材の育成にスポーツ心理学が活用されており、日本でもスポーツチームや選手の事例をもとにいかに勝てる組織や人を育成していくのか。その事を管理職研修として実施させて頂きました。

様々なトップクラスのスポーツ選手の言葉やチームの事例、さらにはリーダーに必要なことは何か。スポーツの事例をビジネスに適用していくための科学的なアプローチをしている点が特徴になります。

従来の研修ではなかったようなワークやディスカッションを行っていただきました。今回でこの階層に2回目の実施になりますが、受講者のレベルや雰囲気、やりとりを通じて、その場で臨機応変に内容を変えてもらいながら進行をしてもらいました。

今回も布施様の研修は受講者はもちろん、人事・役員からも高い評価を頂くことができました。

Dec
2
7:00 pm19:00

12/2 マインドセットセミナー開催報告

昨日は、都内にて「マインドセットセミナー ~前向きに挑戦する力を育む~」を開催しました。企業人事担当者をはじめ、研修会社や学校運営者など、多様な方々11名にご参加頂きました。

講師は、ImaginEx イマジネックス 代表の下島一晃様です。下島様は、大学までアメリカでずっと過ごし、その後外資系証券会社で世界中の投資家を相手にビジネスを行い、2012年に日本初となる全寮制インターナショナルスクー
ル(ISAK)の立ち上げに参画されました。その経験を活かして現在のImaginEx イマジネックスを仲間と二人で設立。現在は企業や学校にて研修・ワークショップを行っております。

今回は下島さんたちの会社で持っているプログラムの中でも、ベースとなるマインドセットの体験講座です。体験版ということで、限られた中でのプログラムとなりましたが、参加者の方にはとても喜んで頂けたようでよかったです。

内容は、3つの体験プログラムと脳に関する仕組みの講義を行いました。いかに人が先入観や思考のクセを持ち、それが普段の行動に影響しているのかを体感して頂くことができたと思います。ただし行動と思考を正しく理解することで、反対にそれをプラスに作用させることができるとも思いました。

そのことをわかりやすく解説し、体験して頂くことができたのではないでしょうか。最後はチームで課題を解決しながら、そこで気付いたことなどを共有して頂くことができたのではないでしょうか。

以下は参加者のコメントです。

ビジネスマンAさん

問題解決に際し失敗からの転換・切り替えの早さが大切だと実感しました。
前向きな心構え、発想は大切だとはわかりながら落ち込むことが多い分、自分を
活かす「切り替え」を効率的にしたい。

インストラクターBさん

学びの多様性を感じました。体験の意味づけをより意識的に行っていきたいです。何をPracticeしているのかを常に意識したなと思いました。

Nov
24
1:00 pm13:00

企業内セミナー開催報告(仕事力が上がる!かたづけ講座)

本日はある企業の社内で、スッキリ・ラボの小松さんのかたづけ講座を開催しました。

平日の昼間で、かつ社員の皆様の自腹参加にも関わらず多くの方々にお集まりを頂きました。ご自分でご負担していることもあり、参加者の目の色が違う形で、講師の小松さんもすっかり参加者の熱意に講義もヒートしておりました。

小松さんの熱い(ヒート)想いは、参加者の心にもきっとヒットしたと思います。

特に今回は参加者のほとんどがかたづけが苦手。その分だけ伸び白があるということですが、モノのかたづけから、後半の仕事のかたづけまでしっかりと学んでいただき、全員が社内研修としても実施してほしいとのリクエストを頂きました。

それぞれがなぜかたづかないのか、その辺の気付きを得て頂けたようです。会社からもフォローの講座や研修を検討頂けるようなので、こちらとしても引き続き、フォローしてゆきたいと思います。

Nov
18
10:00 am10:00

11/18 スポーツ心理学研修開催報告

皆さん、おはようございます。

先週末にとある企業の階層別研修の中で、スポーツ心理学による勝てるチームと人材作りというテーマで研修を実施させて頂きました。講師は、スポーツ心理学の株式会社Tsutomu FUSE, Phd Sport Psychology Servicesの代表取締役の布施努様です。

布施さんは、高校時代にご自身も甲子園に出場して準優勝、大学時代も全国大会で優勝を果たすなど、スポーツ選手としても活躍。さらに大学卒業後に大手商社に勤務され、スポーツとビジネスにおいて組織作りをされてきました。その後、米国に渡米し、オリンピックチームを指導してきた方からスポーツ心理学を学び、帰国後も実業団や大学・高校などのスポーツチームを全国大会に出場・優勝などをさせながら、企業における講演・研修をされております。

今回は部長級の方々にいかに勝てる組織と人を作るのかについれて、様々なスポーツ選手やチームの事例をベースに経営学的な視点も入れてお話を頂きました。ワークやディスカッション、受講者によるプレゼンテーションなども豊富にいれて、いかに受講者が職場に戻った後に組織やメンバーに学んだことを実践することができるのか。

その辺も重点におきながら研修を進めさせて頂きました。受講者のプレゼンに対しては役員自らもフィードバックしてもらうなど、とても学ぶことの多い一日となりました。

Nov
17
10:00 am10:00

11/17 ダイバーシティ・マネジメント研修実施報告

今週木曜日・金曜日とある企業の部長級の階層別研修を実施。初日のテーマは「ダイバーシティ・マネジメント研修」でした。今回講師を務めて頂いたのが、日本初のワークライフバランスのコンサルタントとして活躍中のパク・スックチャさんです。パクさんは、米国企業に勤務している際に日本・香港・シンガポール・中国における管理職研修など、アジア地域の教育担当として働いた経験を活かして独立。ワークライフバランスはもちろん、最近ではダイバーシティやテレワークにおける講演・研修、導入コンサルタントをされております。

今回は、ダイバーシティマネジメントということで、多様な人材の能力を引き出し、最高のパフォーマンスで結果を出すためのマネジメント方法について、様々なデータや実際に現場で起きている状況を解説。そのうえで、いかに多様な人材をマネジメントすることが重要で、そのための具体的なマネジメント方法をお話して頂きました。

参加者の皆様からもデータや事例も豊富でわかりやすく、すぐに活かせそうであるという声をお聞きすることができました。パクさんの強みは一般的なダイバーシティのような捉え方ではなく、本質的なダイバーシティを理解していること。しそして机上の空論ではない、実際に導入前後をコンサルティングしている中で体感的に成否をわけるポイントを熟知している点にあると思います。ダイバーシティやテレワークについて、ここまで実践的で、具体的に語れる講師です。だからこそ、弊社に限らず、他の方からも引き合いが来るのだと思います。