聞き出す力養成講座研修報告

皆様

おはようございます。

昨日はある企業にて、クロスロード株式会社・辻口氏による「聞き出す力養成講座」の研修を実施させて頂きました。今回は店舗のマネージャー10名に対しての研修で、クライアント様との接客時にいかにクライアントのニーズを聞き出し、的確な回答・提案を行うことができるようにすることが目的です。

講義では聞き出すことの有用性から、どう聞き出すのかの方法について、具体的な事例を挙げながら講義をして頂きました。皆さん熱心に聞き入っており、そのままの集中力をもとに演習に入りました。

演習では1グループ5名で、話し手と聞き手を経験して頂きます。聞き出すテーマはその場で相談して決めて頂きます。

短時間ではなかなか話し手が思わず話してしまうスイッチに触れることは難しく、オブザーバーで見ていると、どこがスイッチであったのかがわかるのですが、いざ当事者になるとわからないものです。

その辺をフィードバックにて話し手はもちろん、ほかの受講者から愛のあるダメだしとホメだしをして頂きました。

演習を行うまでは、自分は日頃から聞き出すことを実践できていると思っていた受講者も、聞き出すことのそのむずかしさを痛感すると同時に、その大切さもよく理解して頂くことができたと思います。

参加者のアンケート結果はもちろん、先方の代表者の方の方が受講者に感想をヒアリングされた結果もとてもよかったそうです。

アンケート結果や今後のフォローアップ研修のご提案して、さらに先方の企業の人材育成に貢献することができればと思います。

講義の模様