日本とモンゴル、地方と都心、企業と起業、様々な分野の港を荷う人

皆さん、おはようございます。

本日のブログでご紹介させて頂くのは、創業60年、金澤運輸株式会社(http://www.kanazawa-unyu.co.jp)の3代目経営者として活躍をされている金澤秀昭様です。

金澤様との出会いは、偶然知人の音楽家の方に誘われた交流会に参加。そこでたまたま名刺交換をさせて頂いた際に、モンゴルからゲルというテントを輸入し、それを使ったワークショップを行っている話をお聞きしたのがきっかけです。

金澤様の会社では、梱包をできるだけ省いたハダカ輸送を強みに、関東・関西圏を中心に小・中ロットの荷物を積み合わせて格安で輸送されております。

さら新しい事業を2つ手掛けております。1つは、Philport(フィルポート)というシェアオフィスを新橋にて展開。新橋駅からおりて1分という好立地を生かして、主に地方から都心に進出してくる企業の物流と合わせてシェアオフィスの提案をされているそうです。多くの企業の方がすでにオフィスを利用。弊社でも、セミナールームをお借りしたい、今後一緒にイベントやセミナーの企画などを展開させて頂く予定です。 HP: http://philport.jp/index.html

さらにモンゴルとのビジネスにも取り組まれており、ゲルという皆さんも一度はみたことがあるモンゴルの方が住んでいるテントを日本を輸入し、ゲルを使ったカフェやレンタル、輸入販売を手掛けたり、モンゴルとのビジネスの架け橋も取り組んでおられます。ゲルを使った研修プログラムも、金澤さんの会社と企画中です。特に新入社員や内定者向けの泊りがけの研修をこうした施設を使い、アウトドアの研修プログラムを構築していきたいと考えております。さいわいアウトドアでの研修を得意という講師も、弊社のネットワークにはあり、そうした専門家と一緒にコンテンツを作っていく予定です。 ゲル レンタルビジネス HP: http://philport.jp/home/archives/1002

まずはゲルを使った研修コンテンツやシェアオフィスを活用したセミナー・イベントなどをコラボで進めていく予定です。そうした際に、将来的には何かモンゴルと日本におけるビジネスについても面白い展開をすることができればとも思っております。金澤運輸とつながりのある企業様に対する研修提案についても一緒に取り組んでいくことも話をしております。双方はもちろん、双方のクライアント様にとってもプラスになる展開ができるようであれば、ぜひ一緒に取り組んでいきたいと思います。、

金澤様と話をしていて、色々なものを結びつける港のような拠点をやられたいのかなと思っております。そういう意味で、お父様の祖業を担いつつ、新しい事業で多くの人、企業を結び付け、さらなる発展を荷っていると思いました。

金澤様や事業内容、モンゴルビジネスやゲル・物流事業にご興味をお持ちの方はご紹介をさせて頂きますので、お気軽にご連絡ください。

金澤運輸・金澤様