11/17 ダイバーシティ・マネジメント研修実施報告

今週木曜日・金曜日とある企業の部長級の階層別研修を実施。初日のテーマは「ダイバーシティ・マネジメント研修」でした。今回講師を務めて頂いたのが、日本初のワークライフバランスのコンサルタントとして活躍中のパク・スックチャさんです。パクさんは、米国企業に勤務している際に日本・香港・シンガポール・中国における管理職研修など、アジア地域の教育担当として働いた経験を活かして独立。ワークライフバランスはもちろん、最近ではダイバーシティやテレワークにおける講演・研修、導入コンサルタントをされております。

今回は、ダイバーシティマネジメントということで、多様な人材の能力を引き出し、最高のパフォーマンスで結果を出すためのマネジメント方法について、様々なデータや実際に現場で起きている状況を解説。そのうえで、いかに多様な人材をマネジメントすることが重要で、そのための具体的なマネジメント方法をお話して頂きました。

参加者の皆様からもデータや事例も豊富でわかりやすく、すぐに活かせそうであるという声をお聞きすることができました。パクさんの強みは一般的なダイバーシティのような捉え方ではなく、本質的なダイバーシティを理解していること。しそして机上の空論ではない、実際に導入前後をコンサルティングしている中で体感的に成否をわけるポイントを熟知している点にあると思います。ダイバーシティやテレワークについて、ここまで実践的で、具体的に語れる講師です。だからこそ、弊社に限らず、他の方からも引き合いが来るのだと思います。