Back to All Events

4/17 実践型ダイバーシティマネジメント公開講座

本講座は、自社だけでなく、様々な業種の管理職や人事担当者、経営者向けの公開講座です。様々な人材が活躍できる組織作りのヒットを、自社以外の視点を取り入れ、学びやすい考えてもらうための公開型で行う研修です。

内容は、ダイバーシティを推進していく商品開発やビジネスに結びつけるか。具体的な事例や背景、さらには実践する場合の課題や解決策のヒントを学んでもらいます

今回は、公開講座で複数の企業の人事担当者様や管理職に参加して頂くことを想定しています。

自社だけでなく、他社での取り組みを共有することで、自社での取り組みを加速させるためのヒントや気づきを得て頂く場にしたいと考えております。

主な内容は以下の通りになります。

1.ダイバーシティの基本(コンセプト、アプローチ、目的、属性等)

2.変化への対応としてのダイバーシティ

3.組織へのメリット・デメリット

4.ダイバーシティの推進が重要な理由

5.偏見(バイアス)とその影響

6.ダイバーシティ&インターネット様な人が活用できる組織へ

開講日:2019年4月17日(水)13:00〜17:00(12:30受付開始)

講師:パック・スティッチャ氏(ダイバーシー&ワークライフ・コンサルタント)

会場:明治大学紫紺館3F会議室

101-0052東京都千代田田神田小川町3丁目22-14

地図:https://www.meiji.ac.jp/koyuka/shikonkan / copy_of_shikon.html

参加費:10000円(税別)

*同業他社の方は参加できません。 

お申し込み:http://www.entrelabo.co.jp/entry/

【講師プロフィール】

AdobeStock_72999915-[更新済み].gif

パック・スティックチャ氏(アパション、Inc代表)

日本生まれ、韓国籍。

米国ペンシルバニア大学経済学部BA(学士)、シカゴ大学MBA(経営学修士)取得。

米国と日本で米国系企業に勤務後、日本に戻る米国系運輸企業に入社。

日本・香港・シンガポール・中国など、太平洋地区での人事、スペシャルティおよび管理

職研修企画・実施を手がける。

2000年に退社し、日本で最初にワークライフバランスを推進するコンサルタントとして

アメリカとアジアに精通したグローバルな経験を活かし、グローバル化と複雑

化する多様性への適切な対応に向けたダイバーシティの専門家として、多様な人材管理

メントと受容的環境構築(インククルージョン)への意識・風土改革及び教育研修に携わる。

近年では「無意識の偏見/アシシスバイス」を日本で広がるべっ、執筆、講演

等の普及活動及び、組織での意識改革と行動変革に力を注ぐ。

企業にメリットをもつ手法で進む在宅勤務導入コンサルティングで成功実績を

出し、企業での在宅勤務(テレビ)も専門とする。

Forbes Japanオフィシャルコロムニスト