Back to All Events

7/30 第4回ヒートキャンプ勉強会開催報告

昨日は第4回ヒートキャンプ勉強会をSHIBUYA COHSAにて行いました。

今回は質問を使い、組織開発や人材育成をされているクエスチョン思考の専門家でもある、株式会社メロスパートナーズの宮本さんです。

問題解決の答えを導きだすために、どんな質問を投げかけることができるのか。質問会議を通じて、参加者が抱えている問題を解決するためのワークショップを行いました。

ワークショップを通じて、相手が答えを導きだすためにどんな質問をすべきかを考えながら、相手に質問するつもりで自分自身にも言っているようにも思うような場面があり、とても深いと思いました。

アインシュタインの名言にこんな言葉があるそうです。

「もし自分が死にそうな状況になって、助かる方法を考えるのに1時間あるとしたら、最初の55分は、適切な質問を探すのに費やすだろう」

相手の悩みを解決するためについ答えを探しがちですが、問題が明確になれば答えはすぐに見つかります。

答えがわからないのは問題がきちんと定義されていないかもしれません。

そんなことを学ぶことができ、質問にますます興味がでてきました。