Back to All Events

5/17 ビジョン経営セミナー開催報告

今週水曜日、5/17の夜に「ビジョン経営セミナー」を開催しました。セミナーは、前半はビジョン経営について、「グーグルを超えると言ってくれ」の著者で、ビジョンをもとに企業変革のサポートを行っている羽谷朋晃氏に、ビジョンの定義から、なぜいまビジョン経営が必要なのかについて、社会動向の大きな変化をベースにとてもわかりやすい説明がなされました。

さらに多くの経営者がビジョンと経営理念を混在させ、さらにビジョンを描くだけで経営はよくなる。そういう勘違いに対して、いかにビジョンと行動を一致させ、ビジョンと行動から、それを継続させていくための組織作りを行うことが重要かなど、ビジョンを描き、それをもとにビジョン経営を正しく進めていくやり方をお話して頂きました。

後半は、羽谷さんのサポートのもとで、ビジョン経営を導入し、会社の業績はもちろん、社員の離職率・定着率に劇的な成果をもたらすことに成功した、山崎文栄堂の若狭常務に、自社でのビジョン経営の取組みについて、導入した背景から、具体的な取組み、さらにはその成果をお話して頂きました。

最後は私がモデレーターとして参加。会場から質問を頂きながら、もう少し深く突っ込んだ質問を頂きながら、講師と参加者も含めて皆さんで議論を進めさせて頂きました。

ビジョンは、経営に限らず、個人においても必要であり、ビジネスにおいてもプライベートな活動においてもその起点になることは間違いないと思います。

ビジョンがあり、それに基づき行動することを意識していれば、自然と社員の行動もかわるため、成果もかわると思います。個人においては意識が変わるため、行動も変わる。だから人生にも良い影響・変化をもたらしてくれると思います。

次回は7/12(水)の夜にビジョン経営セミナーをまた行います。セミナー後にビジョナリークラブも開催し、ビジョンを描き実践していく意志のある経営者同志が集う場になればと思います。