2/21 スポーツ心理学に学ぶ、勝てる組織と人作り研修 in 関西 実施報告

先週火曜日に、とある企業の管理職向けに、「スポーツ心理学に学ぶ、勝てる組織と人作り研修」を実施しました。今回は、関西エリアにおける管理職研修のため、前泊して研修に立会いさせて頂きました。

講師は、スポーツ心理学を専門に、企業の役員・管理職向けに組織や人作りを教えたり、実業団・大学などのチームを全国大会で優勝に導いてきた布施努さんです。

東京の人事役員から、関西は面白いし、様々なことができる要素はある。しかし最近少し元気がないという話をお聞きしておりましたが、研修のはじめこそおとなしい感じがしましたが、講師のファシリテートのうまさもあり、開始してすぐに場の中で活発な意見交換がされました。

スポーツ選手やチームに学ぶ、自分の頼れる力とは何か。そして当たり前のように使っている集中力とは何か。ある一流選手のインタビューをベースに、リーダーとはどうあるべきか。現状の組織の課題とあるべき姿、その理想を実現するためにリーダーとしてなすべき事は何かをグループ・個人として考えてもらいました。

30名弱ということで、グループだけでなく、全体共有もしやすい人数だったので、各グループの意見もひろいながら、3時間という短い時間の中で最大限に皆さんに集中してもらいながら取り組んでいただきました。アンケートも満足度も高く、管理職以外の方に受講させたいという意見が100%近くになり、今後組織全体にも広がっていくことを期待しています。