Back to All Events

12/11&12 新任管理職研修実施報告


先日とある企業の新任管理職向けに2日連続での研修を行いました。

こちらの企業では昨年に続いての実施となりましたが、今年は管理職としてのマネジメントの基本であったり、そのポジションにおいて必要なスキルを身につけていただきました。

ただそれだけだとどこにでもある管理職研修になってしまいますので、講師の色というか、個性を出した部分もしっかりと行いました。

1つは、事前に参加者の上司の方に、参加する新任管理職の方に何を期待しているかを手紙という形で、参加者自身に自らが期待されていること、その内容を何かを明確にしながら受講してもらうことができます。

2つ目はマネジメントとしての基本をおさえつつ、コーチングやコミュニケーションなどの体験を通じて自らの中でマネジメントするとは何かを体感してもらう時間をたくさんつくりました。

その上で、より具体的なアクションプランをA3の1枚にシートにまとめてアウトプットしたことです。

3つめは斎藤さんの一番の特徴ですが、いくつか古典における言葉や考え方のエッセンスに盛り込むことで、組織におけるマネジメントで大切ポイントつまり、昔も、今も変わらないところをお伝えして頂くことができたと思います。