意識の高い経営者たちとの出会い

皆さん、おはようございます。

昨日はスモールサン全国研修会に参加してきました。スモールサンは、写真にある立教大学名誉教授の山口義行先生が主宰している中小企業経営者のネットワークであり、その会員数は現在1600名で、そして全国26か所にゼミがあり、600名の方が毎月様々な講師を呼んで勉強を行っております。私も、ゼミ千葉に所属し、毎月の勉強会・会合にも参加させて頂いております。

もともとスモールサンとの出会いは、知人を通じてその勉強会のプロデューサーにご縁ができ、スモールサンの埼玉と東京で、弊社の講師が講演をさせて頂いたのがきっかけです。講演後の懇親会に参加させて頂く中で、とても意識の高い経営者が多く、それまで私が参加していたいくつかの経営者の集まりにはない魅力を感じたのが参加したきっかけです。

今回はその全国研修会であり、実際に山口先生の教えをもとに自分のビジネスの中で、それを活かして業績をあげることに成功した経営者5人が発表を行いました。その後、体脂肪計やタニタ食堂などで有名タニタの谷田千里社長による講演がありました。

今回の全国研修会のテーマが挑戦でしたので、タニタが創業者からいかに事業承継を成功させることができたのか。そして様々なイノベイティブな商品を開発し、ヒットを出してきた創業者の事業を引き続きながら、自分らしい色を出すことに成功したのか。その苦悩と同時に、社員を巻き込んでいくための秘訣をお話して頂きました。

私が印象に残ったのが、山口先生がおっしゃった、谷田さんの成長力。成長力とは、吸収力と反発力。出会った人、周りの人の意見を素直に聞き入れることができる素直さと、従来のやり方にはこだわらない自分で決めたらどんなに反対されそうがやり続けること、親父に頼らない自立心など、その反発力にあるという点が印象に残ると同時に、経営者とはそういう矛盾したことをやり遂げる人なのだとあらためて思いました。

スモールサン全国研修会2017