大海原で逞しい人財をうみ出すひと

皆さん、おはようございます。

今回は、帆船研修を行っている、一般社団法人グローバル人材育成推進機構の営業統括をされている迫田央様
との出会いをご紹介させて頂こうと思います。

迫田さんとの出会いは、今年7月に行われたHR 担当者向けの展示会に迫田さんたちの団体が出展。そこで少しお話をお伺いし、後日会社にお伺いしたのがご縁です。

実は以前より、帆船を使った研修の存在は新聞などを通じて知っておりました。弊社も、ほかにないユニークで実用的な研修を企業様に提供させて頂いているため、常に新しい研修メニューなども考えており、帆船研修とはどのようなものか、機会があれば一度お話をお伺いしたいというのは考えておりました。ただ本社が神戸にあるようなのでなかなか行くのは難しいように考えていたところ、今回偶然展示会でご縁ができました。

迫田さんは、もともと帆船の乗組員として働いていたこともあり、帆船研修が海外では一般的に行われており、その歴史の古さはもちろん、帆船研修がどのように組織や個人のメンタルに対して効果があるかをご自身の身をもって体感されていたと思います。

もともとは、こちらの団体の帆船は大阪府が持っている帆船でしたが、橋本知事の時代に運営が赤字続きだったため、民間に船を売却したそうです。年間の運営費を捻出すべく、企業向けの研修はもちろん、様々なイベントを行っているのが現状だそうです。

迫田さん自身、現在は営業統括という立場ではございますが、もともと乗組員をされてたこともあり、講師として指導することもあるそうです。先日迫田さんとお会いした際には、とてもやさしく、人当たりの良さが印象に残っておりますが、海の男らしい何か芯の強さみたいなものを強く感じました。まさに大海原で逞しい人財をうみ(海?)だしていると思います。海の上という、どこにも逃げることができない環境の中で、さらに自然を相手に航海を続けるには柔軟な体制力や臨機応変に判断できる判断力、そして仲間とのコミュニケーション能力も求めらてくると思います。そうした能力は今のお仕事にも十分に活かされているのではないでしょうか。

弊社のメニューの1つとしても、帆船研修をご紹介させて頂こうと思います。9月4日に帆船研修の体験説明会を行います。もしご興味のある方がおりましたら、ぜひともご一報ください。詳しい案内をさせて頂きます。

また迫田さんやその団体にご興味がある方もご紹介させて頂きますので、お気軽にご連絡をいただければと思います。

P1020860.JPG