本との出会い(マレーシア大富豪の教え)

皆さん、こんにちは。

本日は本との出会いをご紹介させて頂きます。この本は、新聞でタイトルを見て気になっていた中で、偶然本屋に行った時に見つけて店頭で購入したものです。リアルな本には、ネットで頭の中に残っていたものを発見した時の喜びで、思わず購入してしまうことがあるように思います。

本のタイトルは、「マレーシア大富豪の教え」(小西史彦著 1,600円(税別))です。

著者はテクスケム・リソーセズ会長の小西史彦氏です。一代で、上場企業を含む約50社の一大企業グループを築き上げた、マレーシア国王から民間人として最高位の称号「タンスリ」を授けられた、国民的VIPだそうです。

内容は、マレーシアに裸一貫で乗り込んだ若者が、マレーシアでの苦難を経て大成功をおさえ、最終的には国民栄誉賞のようなものを国王からもらうまでのぼりつめるサクセスストーリーです。しかしながら単なるサクセスストーリーではなく、実在する人物の体験や言葉の中には表現にあらわれない思いというか、背景のようなものが想像できるぐらいに、とても深く、学びの多い内容が書かれているように思います。

「お金」「仕事」「信頼」「交渉」「人脈」「幸運」など、小西さん自身の経験から語られた人生訓がとても心に響く一冊となっております。

今回購入をしてまだ1回しか読めていませんが、私の中では間違いなく、何度も読み返してバイブルの1つにしたいというぐらい、これからの人生に必要なエッセンスがたくさんもりこまれております。

最近読んだ本の中でおススメの一冊となっておりますので、ご興味ございましたら、ぜひともご一読ください。

マレーシアの大富豪の教え