エネルギーが繋ぐ出会い

皆さん、おはようございます。

本日のブログは、私が前々職の時に一緒の職場で働いていた仲間との再会について書いてみたいと思います。

私は、かつてエネルギー業界に身をおき、そこで省エネコンサルや発電機などを工場に販売しておりました。その時の同僚で、カーボンバンク株式会社(http://www.carbon-bank.co.jp/)の代表をしている中村豪さんと一昨日久しぶりに再会しました。

日頃Facebookでつながっているため、久しぶりに会う感覚ではないものの、起業して一度だけ千葉駅近くで偶然会っただけで、今回のように一緒にサシで食事をして話をするのははじめてです。かつては同じ職場に身をおき、共に省エネコンサルとして働いていた大切な仲間の一人です。中村さんも、会社を退職して起業。会社も6期目に入っているそうです。

事業は中小企業を対象に省エネ支援やCO2排出削減の支援をおこなっています。具体的には省エネなどを実施する場合の助成金の申請支援や設備の販売、設備を導入した後のCO2排出権を販売する事業を行っています。

社長として事業全体を見渡しながら、常に新しい事業を模索し、将来の事業の種を植えるべき活動をしています。まだここでは書けませんが、将来考えているビジョンも、とても私自身も聞いていてワクワクするような事を考えている。1つの軸というものを感じることができました。事業も順調に伸びており、経営者の先輩としてもたくさんのことを学ぶことができました。

今回会って、お互いの近況を話し合ったのですが、私が予想した以上に以前の職場の同僚と会ったり、現在の仕事でも取引が続いており、まさにエネルギーが繋いでいるご縁だと思いました。それ以上に、中村さんのオープンな人柄に、多くの仲間がいまだにつながっていることもあらためて思いました。

そして事業も順調に推移する中で、もっかの悩みは人です。これはどんな中小企業でも、事業が拡大していく過程で必ず通る道であり、昨今のように採用環境が厳しい状況であればなおのことです。

そこで環境や経営に興味がある若手を採用したいそうです。もしみなさんの周りで、中小企業や環境のために働いてみたい。そんな志のある若者がいたら、ぜひお繋ぎしますので、ご紹介を頂けますと幸いです。私自身、ベンチャー企業で働いてみて思ったことは、大きな会社と違って色々なことを自分でやらなくてはいけない反面、考えようによってはなんでも経験させてくれる。将来そこが大きな糧になると思います。若い時からそういう経験をさせて頂けるのはとても有難いことです。

ぜひ我こそはという人がいう方をご存じでしたら、ご一報をお待ちしております。

最後に今回の再開の場所は、知人が経営しているお店で、船橋のBell-BEになります。珍しいお酒とこだわりメニューのお店です。もし船橋で食事をされる時はぜひ一度お立ち寄りください。詳細はこちらです。http://bellb.jp/