本との出会い(運は創るもの)

皆さん、おはようございます。

本日は本との出会いをご紹介させて頂こうと思います。本のタイトルは、「運は創るもの」 (似鳥昭雄著/日本経済新聞出版社 1500円+税)です。この本は家具で有名なニトリの社長・似鳥昭雄氏が書いた自伝です。もともと日本経済新聞の私の履歴書に連載をしていた記事を読んで出会いました。その中で、あまりにも赤裸々に失敗談や裏話などを書かれていることにとても共感を覚え、毎回とても楽しみに読ませて頂きました。本は、その反響があまりにも大きかったということで今回書籍化されたのです。実際には連載記事には載せていなかった内容などもかなり加筆・追加させており、正直買ってよかったと思っております。

本の内容は、今では優良企業の1つになっている家具のニトリの創業者でもある、似鳥昭雄氏の波乱万丈の人生を一冊にまとめた内容になっております。特に幼少期の両親との関係や創業した頃の苦労話、奥さんとの出会い・役割分担は経営にも通じる話にも思いました。様々な社員にも翻弄されながらも、なんとか危機的な状況を乗り越えたり、師匠でもある流通業界の著名コンサルタントの渥美先生からの厳しい指導など、この本を通してだけでも、似鳥社長の人柄というか、その人間性がにじみ出てくるように思います。

ニトリが成功した秘訣を一言でいうながら、まさに人のめぐり合わせのような気がします。

その人生における重要な局面において必要な人と出会い、その人に支えられたことが今日のニトリの成功であるようにも思いました。もちろん、そうした良い人とのめぐり合わせを得るには、その人にも準備が必要です。その準備を人の何倍にもかけておこなってきたからこそ、そうしたチャンスを逃さずにいくことができるのではないでしょうか。

そしてなによりもその人のめぐり合わせを作っている似鳥社長の人柄というか、人間性なのだと思います。その人間性は最初から与えられたものではなく、色々な苦労や出会い、そして仕事に一生懸命に打ち込む中で磨かれていったことにとても共鳴を受けることができました。

経営はうまくいくことよりも、思い通りならないことが多い。しかしながらそこでくさらず、一生懸命仕事に打ち込むこと。そのためには、自分自身の使命と将来のビジョンの大切さも説いているようにも思います。経営者ならば一読されることをオススメしたい一冊です。まさに笑いあり、涙ありの痛感創業者列伝の1つです。

運は創るもの