言葉の壁をとりのぞき、心の壁もとりのぞく

皆さん、おはようございます。

本日のブログでご紹介させて頂くのは、有限会社リンガフランカの代表取締役をされている伊藤恭大さんです。伊藤さんは、今から3年ぐらい前に知り合いの社労士さんの紹介で、伊藤さんの主催する交流会に参加させて頂いたのがきっかけで交流をさせて頂きました。後日、個別に飲みに行く中で、伊藤さんの奥底に眠っていた思いをカタチにした、英語の音読セミナーを一緒に企画・開催させて頂きました。

その後も、伊藤さんの会社で主催される音読セミナーや神社に対する参拝や理解をするためのセミナーなどにも参加させて頂きながら、交流を深めさせて頂きました。そして2年半前に弊社で立ち上げたプロフェッショナル・ラボという講師の人たちが集うコミュニティにも初回から参加をしていただき、いくつかのセミナーで伊藤さんにも講師をお願いさせて頂きました。

伊藤さんの会社では、大手メーカーなどからマニュアルや契約書などを英語などに翻訳するお仕事をされております。取引先は誰もが知る企業ばかりで、それを少人数がこなされております。さらに2年半ほど前から英語の音読セミナーも毎月開催され、日本がせっかく良いものを持っていても言葉が壁になって世界に広めることができないのはもったいない。日本人の英語が苦手という意識をなく、もっと日本人が世界で活躍できるお手伝いがしたいという、そう思いからお仕事をされております。 

伊藤さんの会社HP:http://www.lingua-franca.co.jp/

伊藤さんは、TOEICで900点台を取られるほどの実力ですが、ご自身の中での原点が英語の音読だそうです。英語を毎日の習慣の中できちんと音読していけば、英語の文法や単語などの力が身につくようになる。その音読における独自のメソッドをカリキュラムにされて、それをお伝えされております。私自身も朝起きて実践しておりますが、とても簡単です。さらに誰でも継続しやすいことなので、ぜひおススメします。セミナーの詳細は下記のHPにございますので、ぜひ一度チェックしてみてください。 

英語音読セミナーの詳細情報:http://www.lingua-franca.co.jp/english/seminar/

伊藤さんとお話していると、その根底には、何か日本を良くしたいという大きな、熱い想いがあると思います。それは会った時からの変わらない想いであるように思います。その1つの形が英語の音読セミナーであったりするのだと思います。

そんな伊藤さんの音読メソッドを実践された人が、英語を好きになり、英語力を身に付け、世界で活躍されることを心より願うと同時に、そのためにできることは私もご協力をさせて頂こうと思います。語学は手段です。世界で活躍するために、言葉が壁になりますが、それ以上に言葉ができないという心の壁が大きいように思います。そこを取り除くことが一番大きいかもしれません。そんな素敵な仕事を伊藤さんはされているように思います。

伊藤さんのお仕事や音読セミナーにご興味を持たれた方はご紹介をさせて頂きますので、お気軽にご連絡ください。ご連絡先は nakatsu@entrelabo.co.jp です。宜しくお願いします。

リンガフランカ・伊藤様