お金も人も付き合い方で人生が変わる

皆さん、おはようございます。

本日は、ファイナンシャルプランナーの中でもCFP(CERTIFIED FINANCIAL PLANNER®の略称で、 「世界が認めるプロフェッショナルFPの証」で、FPの頂点とも言える)を持って活躍をされている大倉修治さんとの出会いをご紹介させて頂きたいと思います。大倉さんHP:http://www.401k-fp.jp/

大倉さんとの出会いは、今から3年前に以前にこのブログでもご紹介をさせて頂いた社会保険労務士の安中先生からのご紹介によるものでした。まずはFacebook上のメッセージをやりとりさせて頂き、弊社で主催するプロフェッショナル・ラボのセミナーに3年ほど前に初めて参加して頂き、その後もコラボセミナーをお願いしたり、ハウスメーカーでの集客セミナー・よみうるカルチャースクールminiでの講師など、色々な形でご協力を頂いてまいりました。

大倉さんは、法人向けと個人向けの2つの側面でお仕事をされております。法人向けでは、確定拠出年金制度導入コンサルティングと従業員様向けのマネー関連セミナーおよび個別相談をされております。個人向けは法人の経営者様向けの資産運用・税務、相続対策相談や各種マネー関連のセミナーをされております。メディアでの実績も豊富で、東洋経済やエコノミストで多数記事が掲載されております。また大手ハウスメーカーや不動産会社、金融機関主催の個人向けセミナーなどの実績も多数ございます。

以前に大倉さんには、キャリアプランとライフプランを考えるコラボセミナーで講師をお願いしたことがございますが、これからの時代は社員一人ひとりが自ら将来のキャリアビジョンを考え行動することはもちろん、自分自身のプライベートに関する設計もとても重要だと思います。もっと言えば、ビジネスマンにおけるマネーリテラシーが日本は弱すぎるのかもしれません。

一言でいうとお金の流れに関する意識や知識がまだまだ未成熟といったほうがわかりやすいかもしれません。

基本的に人も企業も、収入を増やすか、支出を減らすしか、お金を増やすことはできません。売上はお客様がいるため、なかなか読めない部分もありますが、支出を減らすことは意識や工夫次第でもう少しうまくやりくりできると思います。そもそも社員でも、企業のお金の流れに関して理解されていないことが多く、まずは最低限そこからの意識を変えるだけでも、社員の仕事に対する行動を変えることができるように思います。

いま確定拠出金制度を導入する企業が増えておりますが、これまでのように定年まで社員を守ることができない時代においては企業も社員も、自立していつでも独立できる能力を身に付け、日々、そういう意識の下で働くことが大切だと思います。

最後に大倉さんは、何をするかよりも、誰と働くかを大事にしているそうです。確かに仕事の内容自体も大事だと思いますが、誰と一緒にやるのか、やれるのかによって、そこから学べること、得られることの価値は大きく変わってくると思います。一回の人生、同じ生きるならば、自分が尊敬できる仲間と共に歩みたいものです。

お金も人も付き合い方で人生が変わる。大切なお仕事で社会に貢献されていると思います。

そんな大倉さんにご興味をお持ちの方がおりましたら、私宛(nakatsu@entrelabo.co.jp)までご連絡を頂ければと思います。大倉さん以外にも、これまでご紹介した方々の中でご紹介を希望するリクエストも大歓迎ですので、ぜひともお気軽にご相談を頂ければと思います。

CFP・大倉様