三代目にして、創業者。会計業界に新しい風を吹かす風雲児

皆さん、おはようございます。

本日ご紹介させて頂くのは、ITA大野税理士事務所の三代目・副所長税理士の大野晃さんとの出会いをご紹介させて頂こうと思います。大野さんは、来年で創業50年をむかえる会計事務所の三代目でありながら、創業者のように自分自身の力で新しい分野を開拓、その事業を大きく発展させております。

ITA大野税理士事務所HP:http://www.ita-ohno.com/

大野さんとの出会いは、弊社が2年ほど前に開催したFacebookに関するセミナーを開催した際に、先日ブログでもご紹介した梅川さんとのつながるの中で、偶然弊社のイベントを発見。そこに参加して頂いたのがきっかけです。その時に大野さんの印象がとても強く、こういう税理士さんに会ったことがないという印象で、その後もセミナーにいくつか参加して頂いたり、個別に食事に行ったりしながらお付き合いを継続させて頂いております。

大野さんは、三代目といいながらも、祖父や父親が築いた基盤だけにとらわれず、自分なりに独自の路線で新規のクライアントを開拓しています。その1つが飲食店です。飲食店の中でも開業段階から関わっていることが多く、一番大変な資金調達面を開業融資や助成金をもらうためのサポートはもちろん、オペレーションやWeb制作におけるご紹介など、開業するうえでオーナーさんや店長が本業の食に集中できる環境を徹底的に構築することに全力を挙げております。

もう1つユニークな点は、プロモーションの方法です。ネットでの広告は当然のこと、さらに先にいっているのは以前より動画を活用したプロモーションやラジオにも出演、そこで自分自身が持つユニークなストーリーを伝えることで、大野さん自身のファンを構築したり、知名度をあげるための活動をされております。

すでに断るぐらいの案件・引き合いの中で、大野さんの事務所の価値を本当にわかってくれているクライアントとのご縁を大切にされているそうです。最近では自分自身の持つノウハウや手法を、他の税理士さんにも伝える活動を少しずつはじめているそうです。

まだ29歳ながら、ベテラン税理士・経営者のような鋭い経営感覚と腰の低い姿勢は、天性によるものなのか、お父さんをはじめとする代々行われてきた帝王学による教育によるものなのかわかりませんが、私自身お会いしてお話を聞くたびに勉強になります。

もし飲食店に関わるサービスなどをされていて、開業支援をされている方・したいという方はぜひ一度大野さんとお会いしてみると良いと思います。どのような形になるかわかりませんが、きっと大きな刺激と学びを得ることができると思います。

大野さんをぜひ紹介してほしいという方は、nakatsu@entrelabo.co.jp までご連絡を頂ければと思います。また過去にご紹介した方々のご紹介もできる限りさせて頂きますので、ご連絡ください。

ITA大野税理士事務所・大野様