新しい「いのち」との出会い

皆さん、おはようございます。

本日は11日に新しいこの世に生を受けた新しい「いのち」との出会いについて感じたことを書いてみたいと思います。

家内と結婚したのは今から12年前。その前に付き合い始めた年数をいれると、今年で15年の付き合いになります。結婚して12年間、なかなか子宝には恵まれず、私以上に家内にはプレッシャーがあったと思います。その間にも色々な苦労・取り組みをしてきました。途中何度か諦めかかった時もございましたが、やはり子供が欲しいという一途な思いだけが心の支えでやってきたように思います。

以前にある経営者の方が、子供ができるタイミングについて、何か平穏とした日々を過ごしているよりも、むしろ起業したり、今まで以上に厳しい環境や忙しい時に、むしろ子供ができるという話をしていました。その話から、私が勤めている間は子供ができず、起業するタイミングでできるのかなと思っていたら、本当に起業したタイミングで子どもができたので正直驚いております。もしかしたら子供ができることで、さらに今まで以上に努力しなさいというメッセージなのかもしれないと思っております。

妊娠がわかってからの10ヶ月は、少しずつですが、家内と私にも親としての感覚というか、意識みたなものが芽生えてきた時期でもあったと思います。これまでは自分たちのことをするので手一杯でしたが、最近は子供のためにどのような環境を作るのが良いのか、自然と二人の意識が向き始めていることを実感しています。

当初出産の予定は5月18日でしたが、今週月曜日の早朝に陣痛らしきものがきて、急きょ病院に連れていき、そこからの1日が本当に長かった。早朝というタイミングで、私も家にいる中で陣痛が来てくれて本当によかったと思います。これが都内に出ていたらすぐに戻ることができなかったと思います。苦しい時に立ち会うことができて、本当に感謝です。

陣痛が始まってから10時間近くが経過、赤ちゃんと家内の体調から医師が判断して急きょ帝王切開を決断。家族ともしてもどうしたら一番ベストなのかを医師の説明を受けて判断しました。

そして手術後に娘と初対面。これまで赤ちゃんを見ても何も感じることのなかった自分が、やはり自分の子供を見た時のうれしさはひとしおで、言葉であらわすことができない、不思議なものがありました。

今は家内と子供のためにもやらねばという強い意志のもと、とてもワクワクした気持ちです。よく出産よりも生まれてからのほうが大変だと聞きます。これからが子育てが本番になり、とても忙しい日々が続くと思います。色々と寝れない日などもあると思いますが、これまでの事を考えればなんてことはない。むしろ、子育ても含めて、今まで以上に3人で楽しんで生きてゆけたらと思います。

最後に今回Facebookで出産報告をしたら過去にないぐらいのいいね!とメッセージを頂き、本当にありがとうございました。あらためて日頃多くの方々にいつも支えられて生きていることを痛感しました。この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

まだまだ人間として、親としても未熟者ですが、これからもどうぞご指導のほど宜しくお願いします。

Fotolia_60848932_S.jpg