唯一無二の親友

皆さん、おはようございます。本日ご紹介させて頂くのは、弁護士の水上貴央さんです。

水上さんは、大学を卒業後、某大手のシンクタンクに就職。そこで中小企業から大企業まで多様な企業に対する経営コンサルタントとして活躍。お客様からの支持も高く、ご指名で仕事もくることも度々だったそうです。そして一度休職をして、早稲田大学のロースクールの1期生として入学。ロースクールを卒業して司法試験に1回で合格するというとても信じられない頭脳を持っています。

弁護士事務所に就職して、さらに弁護士2年目に事業仕分人にも選ばれ、民主党が一番ピークだった時に仕分人としても活躍しておりました。また東京電力の原子力事故による賠償や電気料金の値上げ問題の際にも消費者委員会の外部有識者としてTVに出るなど個性的なキャラクターを活かしております。2013年には早稲田リーガルコモンズ事務所(http://legalcommons.jp/about01)という事務所を仲間と一緒に立ち上げて、そこでいまも活躍をしております。

水上さんとは、大学生の頃からの付き合いで、もうお付き合いをしてから20年近くなります。水上さんとの出会いのきっかけは、学生向けのビジネスコンテストです。そのコンテストで水上さんがとても鋭い、ユニークな質問をたくさんしていました。それは学生時代も今も変わりません。それが印象に残り、合宿途中の交流会で声を掛けてご縁を頂きました。

そして大学2年生の時に新規事業の調査をしようと、二人で保険業界、特に保険を販売する保険流通のことを調べようという話になり、保険会社や代理店、金融監督庁、マスコミなど全部で56社を1年かけてインタビューしてまわり、300ページぐらいのレポートにまとめ、それをいくつかの企業に利用権を販売しました。あくまでも著作権は私たちが保有するという学生らしからぬ、ませたことをしておりました。

またその時のご縁がきっかけで自分たちでも、学生向けに何かできないかということで、企業と学生の架け橋となるイベントをしようということで、二人で立ち上げたのがMAPというインカレサークルです。MAPは、Management・Action・Planningの3つの頭文字からきています。それぞれ学生に必要なスキルで、それを身に付けるための体験的なイベントができないかということで、セミナー・ビジネスコンテンスト・インターンを体験できるイベントをしようということになり、これまでご縁のできた企業に相談したところ、会議室やセミナー会場の提供、協賛金の提供など、10社を超える企業・団体からも支援をもらい、そのイベントを行うことができました。おかげさまでセミナーにも200名の学生が集まり、またコンテストも30名ぐらいの応募がありました。その時にご縁もあったメンバーや参加者とは今でもお付き合いがあります。

今でも彼と一緒に過ごした日々を、昨日のことのように思い出すことができます。これまでも大事な局面において数々のアドバイスや進言をもらい、時には厳しいことを言われたこともあります。私の家内以外で、これほどまでにはっきりと言ってくれる人数少ない人でもあります。だからこそ、唯一無二の親友なのです。

水上さんとは、学生時代からの夢があり、いつかその夢を果たすことができることを胸にかかえて、いまも日々の仕事に向かっております。こんな大事な友人と今もお付き合いをさせて頂いていることに感謝しております。

その水上さんとも、2年前からユニークな法務研修を行っております。それは実践型法務研修です。これは法務の知識を身に付けるだけでなく、実際にその知識を仕事をに活かして頂くための取り組みやワークを研修の中で行うというものです。具体的な実例をもとにケーススタディや議論、そしてそれをもとに会社の契約やルールの改定、システムを構築するという、通常の法務講座ではありえない実践的な内容がうりです。前回もこの研修で契約書を整備したり、就業規則や社内規定の修正・構築をしてもらいました。法務を法務としてとらえるだけでなく、ビジネスを軸に法務を考える。そんな講座です。その体験講座を、3月2日に開催します。今回のテーマや商法・会社法です。もしご興味がございましたら、下記のホームページをご覧のうえ、お申し込みを頂ければと思います。

HPアドレス:http://www.entrelabo.co.jp/news/2015/3/2

また水上さんにご興味のある方はご紹介をさせて頂きますので、私宛(nakatsu@entrelabo.co.jp)にご連絡を頂ければと思います。もちろん、これまでブログでご紹介した方のご紹介希望も随時受け付けておりますので、遠慮なくご連絡を頂ければと思います。

弁護士・水上さん