2015年との出会い

皆さん、おはようございます。

今年も残すところ、後2日(今日を含め)となりました。皆さんは今年の年末はいかがお過ごしでしょうか?

毎年1月を迎えると、これからの1年は長くなると思うのですが、気づくと夏になり、さらに思いにふけようとするとあっという間に冬がきて年末を迎えている。そんな1年をここ数年ずっと続けているように思います。思い起こしてみれば、今年も本当に多くの方々とのご縁・出会いを頂きました。すでにこちらのブログでご紹介をさせて頂いている方もおりますが、ここではご紹介しきれないほどに出会い・ご縁をたくさん頂くことができました。5月に子供も生まれ、9月には企業研修で講師として登壇もしました。

最近特に思う事は自分が必要なタイミングで出会いがあるということです。それは新しいご縁もそうですし、古くから繋がっているご縁も同じです。ここ数年、数か月疎遠がちになっていたご縁がある時に再会を果たしてつながる。そんなことを繰り返して、深く仕事に関わるようになることもありました。もちろん、全員と繋がるわけではありません。

だからこそ、このブログのタイトルにもあるように、1つ1つの出会いを大切にしなければならないと心に強く思います。

それは人との出会いに限らず、良いことも、悪いことも含めた出来事、または書籍やニュース、言葉との出会いにおいても同様です。むしろ出来事は同じ出来事が二度おこることはない。その出会いによって自分が何を感じ、何を考えたのか。もっといえば、出会いを通じて自分がどう変われるのかだと思います。その変化にこそ、成長の源泉があると思います。

今年は出会いについてそうした考えを持つに至っただけでも良い1年を過ごすことができたのだと思っています。ただ現状には満足はしていません。もっともっと変化・成長してゆきたいと思っています。ただ1つ変化し、成長する中で変わらないとすれば、自分が持つ使命感だけだと思います。そこはどんなに変化・成長を遂げようとも変わることはないものです。

今年1年、仕事やプライベートなどで大変お世話になりました。私の拙いブログもお読み頂きまして誠にありがとうございました。何よりもそばで支え、今年、新しい家族との出会いをくれた家内に一番のお礼をいいたい。

まだまだ会社としても、人としても未熟ではございますが、来年もどうぞ宜しくお願い致します。