校友との再会

皆さん、おはようございます。

本日のブログでは、昨晩参加した母校の明治大学ビジネススクール(以後、MBS)の校友との再会について書いてみようと思います。毎年11月に母校ではセミナーや懇親会などのイベントを開催しています。私も、過去に2回ほど参加。いつもは学校からの案内をみて参加していたのですが、今回は友人からの直接の案内と、運営委員がよく知る人がやっていることもあって参加してきました。

私はMBSの2期生ということで、ビジネススクールができた10年ほど前に入学したわけですが、すでに12期(年間2期あるため)に入ったそうです。そのため、いつもは知らない人が多いのですが、今回は久しぶりにお会いするメンバーとの再会がたくさんあり、本当に行ってよかったと思いました。やはり同じ学び舎で学んだ仲間との再会はとてもうれしく、もう卒業して8年が経ちますが、その時の記憶が戻ってくるのは不思議ですね。

お互いに転職をしてその時とは違う仕事をしている人、同じ仕事ではあるがポジションが上のほうに上がり会社の最前線で活躍している人、私と同じように起業・開業をしている人など、老若男女、職種も多様な人がいて楽しく、刺激的な時間を過ごすことができました。

やはりビジネススクールに行ってスキルを身に付けることも大切ですが、結局はそこでどんな人と出会えるのか。そしてそこから共に何かできる関係を構築することのほうがもっと大切に思います。このご縁は財産であると思います。

こうして再会したのも何かのご縁。きっとこの出会いに何か意味があると強く感じています。

ご縁は本当にどこでつながるのかわからない。でもそのご縁をどうつなぐのか。それもまた自分次第なのだと強く感じます。

1つ1つの出会いの意味を感じながら、また1つその出会いを繋ぎ、紡いでいくことができればと思います。