言葉との出会い(もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、 今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?)

皆さん、おはようございます。

私のブログでは、人との出会いを中心に時々本との出会いをご紹介させて頂いておりますが、有名無名問わず、自分の心に響いた言葉と出会った時にもご紹介させて頂きたいと思います。

今日の言葉はすでに多くの方がご存知かと思いますが、アップルを創業したスティーブ・ジョブズの名言の1つ、

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、
今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?

です。先日、家であるTV番組を見ていたら、偶然ジョブズの最後の瞬間を特集していました。その際にあらためて、この言葉を聞いて何か自分の心に響き、記憶から離れない言葉となりました。

私自身は、起業して6ヶ月。今は勤めていた時にも仕事は楽しかったですが、それ以上にエキサイティングな毎日を過ごさせて頂いており、本当にこうした境遇を与えて頂いていることに感謝しております。

ただ毎日を人生最後の日だと思って仕事をしているのかと問われれば、はっきりと「Yes」とは答えられない自分がいます。どこか今日やるべきことを明日に先送りしたり、時として油断して怠けてしまう自分がいる。

常に緊張感を持ちすぎるのも精神的にも、肉体的にもいいとは思えないが、今を生きているその瞬間を大切に生きているのかと言われれば、そうではない自分もいるように思いました。

先の夢にわくわくするだけで、それを実現していくための今を最大限に、全力で生きれていない自分もいるように思います。

そういうことを心の奥底で感じていた中での、この言葉が飛び込んできました。

いまこのタイミングで、この言葉に出会ったのも何かのご縁、運命でもあるように思います。

1日、1日を無駄に過ごしていないか。もっと言えば、1日のその瞬間にどういう気持ちで生きているのか。そういう思いで周りを見渡してみると、あらゆること、人との出会い・会話、どれもが大切な時間であるように感じられるように思います。

自分がやりたいことは自分ではわかっている。後は決めて行動するか。

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、
今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?

常に自問自答を繰り返し、自分の人生を全うしたいと思います。