一生に一度の出会い

ブログの初回の出会いを誰にするのか。迷わず、家内との出会いを書くこと決めました。

家内とは今から18年前、忘れもしない、阪神・淡路大震災の復興支援ボランティアの打ち上げで初めて出会いました。その後は数回だけ一緒に出掛けましたが、特にお付き合いをしないまま数年の歳月が流れ、3年後に私からの一本の電話がきっかけで再会しました。そして3ヶ月間のデートを重ね、2000年8月に正式にお付き合いをすることなり、3年後の2003年5月31日に結婚をしました。

家内は、私とは性格が真逆の人間であり、本当に細やかな配慮のある、思いやるのある人です。だからこそ、その人間的な魅力に惹かれて結婚したのだと思います。

そして何よりも本質をつかむことにたけており、これまで幾度となく、人生の岐路に立つ場面で真剣なアドバイスをくれ、自分が至らない行動をした時に厳しく諭してくれる大切なパートナーでもあります。

その家内から、先週土曜日に1通の手紙を頂きました。中には心のこもった、たくさんの応援メッセージが書かれており、起業してから6ヶ月、本当に起業して良かった。そう思える、嬉しい出来事になりました。

起業して大変なこともたくさんありますが、家内とならきっと困難も乗り越えていけると確信しました。これからも最愛のパートナーの思いに応えられるように頑張ってゆこうと心に誓いました。

IMG_20140709_045129.jpg