一瞬一瞬が真剣勝負の生き方

本日ご紹介する出会いは、教え方研究所・代表の田中さんとの出会いです。

田中さんは、元々日本のパラグライダーの最年少チャンピオンで、若いときにオーストラリアで武者修行をされておりました。その中で言葉が通じないことで何度か死にかけながらいかに自身の英語力が乏しさを痛感したそうてす。そこでハンググライダーの師匠やネイティブの友人から正しい発音の仕方やスペルを学んだそうです。

帰国後、ハンググライダーの練習法や指導法を研究するかたわら、確実に通じる英語の「発音法」と「誰でもできる訓練法」を体系化。2012年に現在の教え方研究所を設立。企業向けやビジネスマン向けに英語発音研修や発音矯正塾を開講されております。

いまではカゴメや味の素などの大手企業をはじめ、ニューバランスジャパンなどの外資系企業やLINEの森川社長も受講されており、人気の講師の一人です。

今月10日には「英語脳力養成講座」の本も発売されております。

私も、6月から7月にかけて1ヵ月ほど受講させて頂きましたが、これほどまでに発音を分析して、分かりやすく解説している人は見たことがないです。

また毎回セミナーの2時間前には会場入りし、入念に準備をしたり、打ち合わせをしていると、その一瞬一瞬に全身全霊で力を120%出し切る。そんな印象を持っております。

それはパラグライダーのように一瞬のミスが命取りになる競技の中で身に付けられたことだと思いました。田中さんのこの一瞬一瞬が真剣勝負の生き方。その出会いの中で大きな気づきと学びを頂きました。