生涯現役の名コーディネーター

今日は応用工学研究所の広沢先生との出会いをご紹介したいと思います。

広沢先生は、東京大学宇宙航空研究所(現・文部省宇宙科学研究所)でロケット開発で有名な師・糸川英夫教授とともに従事。67年に師・糸川英夫教授とともに東京大学を退官され、79年に「応用工学研究所」を設立し、大手企業の調査研究所長を務めるかたわら、中小零細企業に埋もれている優良技術の発掘・事業化などを支援されてきました。

この間、通算省(現経済産業省)や各自治体のベンチャービジネス支援活動で審査員などを務められ、中小零細企業のために相談室を開設して、全国を講演に駆け回られてきました。

広沢先生とは、大学1年生の時に参加したあるベンチャー企業が主催したセミナーでご縁を頂きました。先生と出会ってからもう18年になりますが、当時は私も、まだ大学生でしたが、多くの企業役員や担当者をご紹介頂きました。

先生のように、中小企業や自治体の本当にユニークな情報やネットワークをお持ちの方は他に知りません。80歳を超えてもなお、その知識と好奇心の高さには驚かされます。先生と同世代でFacebookもmixiも、twitterも使われている方は少ないと思います。

そして82歳になった今でも人を結びつけたり、新しい情報やネタに興味を続け、仲間を巻き込んで活動されている姿は私の目指すべきところであり、尊敬する大先輩の一人です。

これからも生涯現役で活動されるお姿を見ながら、多くの事を学ばせて頂こうと思います。

まだまだ先生には出番をお願いすることがあるかと思いますし、引き続き、ご指導をお願いしたいです。だから100歳、110歳を目指して、生涯現役にてこれからも宜しくお願いします

45547_427966273980295_804989225_n.jpg